外貨

大事な●●力

大事な●●力

「国語力が大事」というテーマです。

 

 

読めるけど書けない字って多いですよね。

 

そしてよく「書いて覚えろ」と言われませんか?

 

そう、書くという行為は手の動きの記憶から目に焼付け、

 

脳にイメージとして植えつけることなんです。

 

 

字を思い出したいとき、空中に指で書く動作しませんか?

 

それはあなたがその字を書いたことがあるからです。

 

 

「宅建」には専門用語がたくさん出てきます。

 

あなたが苦手としている項目は、まさにその書けない用語の

 

ところなんじゃないですか?

 

 

テキスト読んでるだけで覚えられるなら、あなたは天才です。

 

多くの聞いたことのない専門用語は書くことで覚えましょう!
それによって、明確な記憶になります。

 

 

私、幼い頃、学校から帰ると両親は共働きでまだ帰ってなく、

 

祖父母と一緒でした。祖母からは食べ物をもらい、祖父と一緒に

 

テレビで大相撲をよく見ていました。

 

 

力士の四股名(しこな)は習ったことのない漢字ばかりです。

 

すぐ読めるようにはなるんです。ただ書けません・・

 

大相撲の取り組みは、立ち合いまで時間があります。

 

その間、両力士の四股名を紙に書くようになりました。

 

 

それ以来、国語の成績は良かったです。

 

特に漢字の読み書きはネ。

 

 

私は全体では成績よくありませんでした。

 

300人中200位くらいです。

 

ただ、暗記は得意です。書いて覚えますから。

 

 

ある日、理科の先生が授業開始早々、初めて習う元素記号の表を

 

配り、30分で覚えろと・・残りの時間でその中からピックアップ

 

した小テストをやると・・

 

 

満点は私だけでした・・・自分でもびっくりです。

 

 

もしあなたがよく間違い、あやふやで、苦手としている項目が

 

あるのならば、とにかく書いて覚えましょう!

 

書けば解るさ!アリガトー! ってイノキか!

page top