外貨

試験会場でのトラブル

試験会場でのトラブル

さて今日は試験官の経験からお話したいと思います。

 

まずはおさらいです。そろそろ会場へ実際に行ってみたほうが

 

いいと思います。自分の会場を時間通りに行って見てみる、

 

 

これは初めて行くのとは大きな違いがあります。

 

日曜日を戦闘モードに切り替える。もうできてますか??

 

着ていく服、筆記用具、あと腕時計かちっちゃな置時計。

 

会場に無いかもしれませんし、あってもいちいち顔をあげなきゃ

 

見えないのでは大変です。

 

 

あとは何が起きてもいい覚悟。

 

あなたの隣の席の人が風邪を引いていて、

 

「グスグス」「クシュン!」「ゴホゴホ」「ジュルジュル」

 

 

どうします??試験官の立場からは、他の人に迷惑だからと

 

退室を促すことはできません。その人だって懸けてるんです。

 

 

そとでは何かの競技が行われているかもしれません。

 

うるさいからやめてくれと言えません。

 

集中力を養っておいてくださいね!

 

 

こんなクレームがあったそうです。「試験官の巡回する足音が

 

うるさくて集中できなかった。」

 

 

こころない試験官の行為は反省すべきところですが・・

 

その程度の物音で集中力を削がれるなんてどうかと思います。

 

もっとすごいトラブルが実際に起こってますから。

 

 

私的には、もちろん何事もないよう祈りながら現場にいますが、

 

何か起こったとしても誰も責任とってくれません。

 

体調を崩した人も自己責任、その隣になってしまった不運な人も

 

自己責任です。

 

 

人間、本当に集中すると、景色も音も無くなるとよく言われます

 

が、みなさんの運の良さと集中力に期待します。

 

 

くれぐれも体調管理にはお気をつけ下さいね。

page top